盆栽鉢

鉢映りのよさが、盆栽の格を高めます。盆栽鉢の色形、特徴、選び方を紹介します。鉢には多くの色形、大小深浅があります。また、釉薬を使わずに土を焼成した泥もの、釉薬ものがあり、窯業地や鉢が作られた時期、作者などにより、特徴があります。盆栽に使われる蜂の産地は主に中国と日本。江戸時代に中国や日本で作られ、今に残る鉢は古色を帯び美しく、美術骨とう品としての価値を有しています。特に、江戸時代期に中国から輸入された鉢は、古渡りと呼ばれ珍重されています。

盆栽は鉢と樹が一体となった形を鑑賞します。そのため、盆栽愛好家者は二つの調和に重さを置き、調和を図ることを「鉢映り」と呼びます。たとえて言えば、鉢と樹は帯と着物のような関係にあります。「鉢映りがよい」とは、鉢と樹がともに引き立てあい、盆栽の格を高めていることです。また、鉢と樹の組み合わせには、直幹の樹形には長方鉢か楕円鉢といった目安があります。

楕円鉢
盆栽鉢
鉢の胴に模様を浮き立たせ、若草色の釉薬を施す。浅い楕円の鉢は、直幹や模様木の葉ものと合わせます。

長方鉢
長方鉢
泥もの。淵と雲を描いた脚が特徴。泥ものの浅い長方鉢には、直幹、模様木の松柏類が合います。

丸鉢
丸鉢
鉢の色合いが面白い釉薬もの。やや深く丸い鉢には、葉ものや花もの、実ものの模様木や半懸崖が映りがよいとされる。

正方鉢
正方鉢
鮮やかな青い釉薬が芸を見せている立法形の鉢。これに合う樹形は懸崖です。深い鉢は懸崖専用ともいえます。

関連記事

  1. 盆栽観賞に出かけよう!

  2. 草を楽しむ盆栽

  3. 葉を楽しむ盆栽

  4. 実のなる盆栽

  5. インテリアに最適な小品盆栽

  6. 初心者も楽しめる盆栽鑑賞法

おすすめ!ブックマーク

HTB料金を安くする裏技

和菓子を食べる

盆栽を楽しむ

  1. うわじま牛鬼まつり

    和霊大祭・うわじま牛鬼まつり見どころ

    2019.08.18

  2. 鳥取しゃんしゃん祭

    鳥取しゃんしゃん祭見どころ・日程

    2019.08.18

  3. 管絃祭

    管絃祭見どころ・日程

    2019.08.18

  4. 柳井金魚ちょうちん祭り

    柳井金魚ちょうちん祭り見どころ・日程

    2019.08.18

  5. 長崎ランタンフェスティバルで急にお金が必要になったら

    2019.08.17

  1. 青森ねぶた祭り

    青森ねぶた祭り

    2019.08.12

  2. JTBで旅館・ホテル宿泊料金を無料にする裏技

    JTBで旅館・ホテル宿泊料金を無料にする裏技

    2019.08.12

  3. 梅園菓子舗・どら焼き

    お盆、お彼岸、仏事用の和菓子

    2018.12.24

  4. 標津羊羹本舗

    北海道の小豆を丹念に羊羹にミックスした標津羊羹本舗

    2018.12.23

  5. どこよりも詳しいパワースポットの楽しみ方

    2018.09.07




おみやげグランプリ受賞!