盆栽の歴史

盆栽の盆とは、本来、皿ような平らな土器のことをいいます。そこに、樹木や石などを置いたものを中国では12世紀半ばから「盆山」や「盆仮山」と称していました。鎌倉時代から交流があった中国と日本の禅僧の間で、おそらく盆山は共通の趣味であったと言われている。それは当時の日本の禅僧が、盆山、盆仮山、盆石、盆松を誌題にしていることから推測されています。現在の盆栽の原型と見て分かる最古の絵は、鎌倉時代の延慶2年(1309年)に完成した絵巻「春日権現験記絵」にある。春日大社への参拝を機に出世した男の屋敷のか、石に植えられた松の「石付き」と、盆に石を置いた水石が描かれています。室町初期の禅僧の文書には「盆栽」の言葉が気されているそうですが、一般に使われ始めたのは、江戸時代以降だといわれている。
盆栽
江戸時代に入ると、盆栽を愛好する者が増えてきます。椿をこよなく愛した徳川家康と2代秀忠は、江戸城内に御花畑を作らせています。その意を継いだ3代家光は、盆栽、特に松を愛したそうです。家光遺愛と語り継がれる松の盆栽が、今も皇居に伝えられているそうです。大名は、領地に育った珍しい草木を、競って将軍に献上したとのこと。美麗な鉢、御庭焼を作らせ、その鉢に珍品の草木を植えて贈ったそうです。

そして、江戸や大阪では、町人の文化の一つとして、盆栽が広まっていきました。その様子は、京保年間(1716~36)以降の数多くの浮世絵にも描かれています。儒学や漢学を学んだ高識者、文人は、中国趣味の煎茶の手前の際、床に盆石や盆栽を飾ったという。文人画好んだ細い幹のしゃれた感じのする盆栽は文人木と呼ばれ、今も盆栽の樹形のひとつとして受け継がれています。

また、幕末頃から、盆栽を鉢植えを明確に言い分けるようになってきました。明治に入っても、文人趣味の盆栽は新政府要人の支持を得て盛んであったそうだ。明治25年(1892)東京・本郷で盆栽陳列会が開かれ、同年、盆栽についての初の研究論文が発表されました。以降、技術と理論の両面から盆栽の質の向上が進み、盆栽美術や盆愛芸術といった言葉が使われ始めました。

初めて一般公開の展示会が開かれたのは昭和2年。翌年、現在、最も権威のある「国風盆栽展」の前身となる展示会が開催されました。こうした展示会で刺激を埋めた愛好家が、次々と第一級の盆栽を作り出し、源歳の盆栽に至っています。

関連記事

  1. 葉を楽しむ盆栽

  2. 盆栽には色々な樹形がある

  3. 松の盆栽

  4. 盆栽用語

  5. 初心者も楽しめる盆栽鑑賞法

  6. 盆栽観賞のポイント

おすすめ!ブックマーク

HTB料金を安くする裏技

和菓子を食べる

盆栽を楽しむ

  1. うわじま牛鬼まつり

    和霊大祭・うわじま牛鬼まつり見どころ

    2019.08.18

  2. 鳥取しゃんしゃん祭

    鳥取しゃんしゃん祭見どころ・日程

    2019.08.18

  3. 管絃祭

    管絃祭見どころ・日程

    2019.08.18

  4. 柳井金魚ちょうちん祭り

    柳井金魚ちょうちん祭り見どころ・日程

    2019.08.18

  5. 長崎ランタンフェスティバルで急にお金が必要になったら

    2019.08.17

  1. 青森ねぶた祭り

    青森ねぶた祭り

    2019.08.12

  2. JTBで旅館・ホテル宿泊料金を無料にする裏技

    JTBで旅館・ホテル宿泊料金を無料にする裏技

    2019.08.12

  3. 梅園菓子舗・どら焼き

    お盆、お彼岸、仏事用の和菓子

    2018.12.24

  4. 標津羊羹本舗

    北海道の小豆を丹念に羊羹にミックスした標津羊羹本舗

    2018.12.23

  5. どこよりも詳しいパワースポットの楽しみ方

    2018.09.07




おみやげグランプリ受賞!