盆栽観賞のポイント

盆栽の鑑賞のポイントは、根張り、幹、枝。葉です。根張りとは、土の表面に見える樹木のことです。写真のゴヨウマツの鑑賞ポイントをみてみよう。どっしりと土を踏みしめた根張りは、大きな老木を思わせる力強さがあり、そこから伸びた幹へと力強さを伝えています。根張りから一の枝までの幹を指す「立ち上がり」は、風雪に耐えた年月を伝えるがごとく、緩やかな曲線を描いています。また、荒れた幹肌が古色の趣きを演出。左右に形よく伸びた枝に生えた葉は青々と密に生え、その樹の生命力の強さを伝えます。根張りと幹では、長い年月を経て表出した古色と力強さを味わいたい。根張りから立ち上がりまでの部分が、山の稜線を思わせる姿をしている盆栽が理想とされています。枝は全体で整った樹容を描き、瑞々しい葉が整っていることが肝要とされています。

盆栽観賞ポイント

盆栽観賞ポイント
葉・・・針葉樹は短く、広葉樹は小さいことが葉の基本緑が鮮やかで、光沢のある葉がよい。マツなどの針葉樹は、葉が短く太くまっすぐなもの、広葉樹の場合は、葉が小さくよじれなどがなく、紅葉が美しいものをよしとします。あるいは、小さいと樹が大きく見えます。

枝・・・左右交互に枝が伸び、下から上へと細くなる
枝は盆栽全体の形、樹形を形作る重要な要素です。上に行くに従い、枝が細く、短く、枝同士の間隔が狭くなっているものがよいとされている。こうした枝順が、盆栽に大木の趣きを演出している。

幹・・・幹が描く形と肌が盆栽の美しさを決定する
根元から一の枝まで立ち上がりは、各々の盆栽が持つ個性や歴史を表現する大事な部分です。幹全体は、下から上へと細くなっていくのがよい。幹肌は古相示すものが理想といわれる。

根張り・・・土を掴む力強さが樹木になる安定感となる

根が四方八方に伸び、土をしっかりつかみ、盆栽全体の安定感を作り出している根張りをよしとし、これを「八方根張り」と呼ぶ。ただし、幹が大きく傾いている場合は、幹の傾きと逆の方向に根が集まっているほうが、安定感があります。

関連記事

  1. 花の咲く盆栽

  2. インテリアに最適な小品盆栽

  3. 葉を楽しむ盆栽

  4. 盆栽鉢

  5. 盆栽には色々な樹形がある

  6. 草を楽しむ盆栽

2021年三越おせち予約受付中

三越・伊勢丹オンラインストア

おすすめ!ブックマーク

HTB料金を安くする裏技

和菓子を食べる

盆栽を楽しむ

  1. 料亭の和風おせち

    京都の老舗料亭おせちで和風のお正月を楽しむ

    2020.10.17

  2. お正月の祝い方

    一年の安泰を願うお正月の祝い方

    2020.10.07

  3. 歌舞伎入門

    歌舞伎初心者のための鑑賞マナー

    2020.05.15

  4. 馬刺し料理店・みの屋 口コミ

    馬刺し料理店・みの屋 口コミ

    2020.03.03

  5. 大阪北新地の桜肉料理・馬春楼の口コミ

    大阪北新地の桜肉料理・馬春楼の口コミ

    2020.03.03

  1. 青森ねぶた祭り

    青森ねぶた祭り

    2019.08.12

  2. JTBで旅館・ホテル宿泊料金を無料にする裏技

    JTBで旅館・ホテル宿泊料金を無料にする裏技

    2019.08.12

  3. 梅園菓子舗・どら焼き

    お盆、お彼岸、仏事用の和菓子

    2018.12.24

  4. 標津羊羹本舗

    北海道の小豆を丹念に羊羹にミックスした標津羊羹本舗

    2018.12.23

  5. どこよりも詳しいパワースポットの楽しみ方

    2018.09.07




おみやげグランプリ受賞!