那須温泉峡:湯本温泉

湯本温泉 パワースポット温泉
この記事は約2分で読めます。

松尾芭蕉が訪れたかけ流しの硫黄泉は那須温泉峡です。開湯伝説によれば、鹿が温泉で傷を癒しているところを発見したとされ、共同浴場の名前にその由来が残っています。

健康・長寿・家内安全のご利益があるパワースポットです。

その那須の湯発祥の共同湯「鹿の湯」、現在の浴舎は明治時代に建てられたもので、正方形の浴槽が六つ並ぶ男湯があります。
41度~46度まで、わりと熱風呂だが、それぞれ湯音の異なる浴槽から、見るからに濃厚な硫黄泉がかけ流されています。

元禄2年(1689年)には、松尾芭蕉は「おくのほそ道」の旅で、那須湯本温泉に2泊し、鹿の湯で旅の疲れをとったといわれる。
大丸温泉旅館の混浴露天風呂(川の湯)が地元の人にも人気があります。(写真上)

温泉神社芭蕉は鹿の湯のすぐ上手に温泉神社にある、佐阿弥の作ともいわれる謡曲「殺生石」の舞台を訪れたあと、高台の温泉神社に参拝し、那須与一ゆかりの鏑矢(かぶらや)などの宝物を拝観しています。

広大な境内を持つ温泉神社は「平家物語」にも出てきます。屋島の戦で那須の領主の子、与一は、波間に揺れる扇の的を射落とすべく弓の矢を放つとき、「那須の温泉大明人、願わくはあの扇の真ん中射させてください」と念じたと伝えられているパワースポットです。

温泉神社・那須温泉協へのアクセス

・住所:(温泉神社)栃木県那須郡那須町大字湯本182 
・電話:0287-76-2306

・那須温泉峡(湯本温泉)へのアクセス
・住所:栃木県那須郡那須町大字湯本周辺
・東北新幹線那須塩原駅下車バス50分。
東北自動車道那須ICよりボルケーノハイウェイを湯本温泉方面へ。
那須温泉の宿一覧はこちらから

▼温泉神社の年間行事
予定日 祭 名
1月1日 歳旦祭
2月3日 節分祭
4月24日 愛宕神社例祭
5月8日 開山祭
5月27日 見立神社例祭
7月20日~8月31 日朝市
10月8日 例大祭.湯汲祭・献湯祭
10月9日 例大祭,献幣祭・神幸祭
11月8日 閉山祭
12月31日 除夜祭
タイトルとURLをコピーしました