奈良県民が自慢する日本唯一の木造十三重塔と紅葉が絶景の談山神社

談山神社 近畿地方の神社・パワースポット
この記事は約2分で読めます。

もみじの季節が一番美しいと言われる「談山神社」は、645年中大兄皇子と中臣鎌足が大化の改新の密談をした場所。
鎌足亡きあと、長男の定慧が唐から帰朝して十三重塔を建立しました。
その後701年には神殿が創建、御神像を祀ったことに始まります。

段山神社
十三重塔は、高さ約17メートルで、日本唯一の木造十三重塔として重要文化財に指定。
朱塗りの建物ともみじとの美の競演は息をのむほど、美しくみごとなものです。
もちろん桜の季節も美しいですけど。
段山神社
その壮麗な境内の中でも、三間社春日造りの美しい建物が摂社、東殿です。
「恋神社」とも呼ばれる東殿には、鎌足の妻で、万葉歌人の鏡女王(かがみのおおきみ)が祀られています。

鏡女王は情熱的な恋の歌を残したことから、縁結びの神様として古くから女性たちの信仰を集めています。
その鏡女王をイラストでかわいらしく描いた絵馬には、全国から訪れる女性たちの恋愛成就の願い事が記されています。



また撫でながら恋を祈願すると恋が叶うといわれている「むすびの岩座」はカップル、婚活中、恋愛成就を願う女性たちの間で人気です。
参道から恋神社(東殿)に続く「恋の道」は、恋愛成就を願う女性たちが見られます。
談山神社は恋愛成就のパワースポットがいっぱいですね。

住所:奈良県桜井市多武峰319

アクセス

JR桜井駅よりバス25分
入山時間:9時30~16時30(最終受付)
入山料:大人500円 小人250円

奈良県桜井市多武峰319

タイトルとURLをコピーしました