奈良にある日本最古の安産祈願・求子祈願霊場で有名な帯解寺

帯解寺 近畿地方の神社・パワースポット
この記事は約1分で読めます。

今から1150年ほど前の平安時代、文徳天皇の皇后がなかなかお子様に恵まれず、この帯解寺にお参りしたところ、間もなくお世継ぎを授かりました。美智子皇后陛下安産祈願帯献納所としても奈良県民には広く知られている有名なパワースポットです。

門外不出の秘伝文書によるお守り

帯解寺
江戸時代には、徳川二代将軍秀忠公の正室・お江様もお参りして、見事三代将軍家光公を授かったのだとか。
以来、日本でも最古の子授け、子宝スポット、安産祈願の寺として有名に。
毎年数多くの女性たちが祈願に訪れますし、子宝スポットとしても高い人気があります。
現在も、皇室に安産岩田帯、お守りを献上されています。
子授け祈願の方には、門外不出の秘伝文書により住職さんが自らお守りとお札を作り、1週間のご祈祷の後授与してくださいます。
ご本尊の子安地蔵菩薩も、まごころこめてお参りすれば、たちどころにご利益があるという心の広い仏様ですよ。

帯解寺公式サイト
■住所:奈良県奈良市今市町734
■電話:0742-61-3861
■拝観時間:9~16時 祈祷受付:8時30分~16時30分
■交通アクセス:JR万葉まほろば線(桜井線)「帯解駅」より徒歩5分

奈良県奈良市今市町734

タイトルとURLをコピーしました