歌舞伎十八番の演目:助六由縁江戸桜(すけろくゆかりのえどじょう)のあらすじ

助六由縁江戸桜

「歌舞伎十八番」の1つで、通称『助六』とよばれています。
曽我五郎時致(そがのごろうときむね)は、花川戸の助六(はなかわどのすけろく)という侠客となって、源氏の宝刀友切丸(ともきりまる)を探し出すため吉原に出入りしています。

三浦屋の傾城揚巻(あげまき)と恋仲になった助六は、吉原で豪遊する意休(いきゅう)という老人が、この刀を持っていることを聞きだし、奪い返すというストーリーです。

助六由縁江戸桜

【あらすじ】

前半には、助六との仲を意休に責められた揚巻が、悪態(あくたい)[悪口]で言い返す場面があります。
揚巻は、助六と意休を雪と墨に例え、また「くらがりで見ても助六さんと意休さんを取違えてよいものかいなァ」と命がけで言い放ちます。

ここは、揚巻を演じる立女方(たておやま)の貫禄を示す重要な場面です。

助六の「花道(はなみち)」からの出は、紫の鉢巻の由来を含めた助六の自己紹介ともいえる「河東節(かとうぶし)」の語りに合わせ、颯爽(さっそう)と舞踊のように演じられます。

このくだりは、「出端」とばれており、助六を演じる俳優の最初の見せどころです。

助六という役は、荒々しく豪快な「荒事(あらごと)」とやわらかく優美な「和事(わごと)」の要素を兼ね備えた役で、出端の振りにもこの役の性格がうかがえます。

なお「河東節」は、市川團十郎家(いちかわだんじゅうろうけ)の俳優が助六を演じるときに限って使用されます。

その他の家の場合は、尾上菊五郎家(おのえきくごろうけ)では清元(きよもと)、片岡仁左衛門家(かたおかにざえもんけ)は「長唄(ながうた)」を使用し、作品タイトルも変えて上演します。

上演時間は2時間

関連記事

  1. 籠釣瓶花街酔醒

    籠釣瓶(かごつるべ)

  2. 義経千本桜

    歌舞伎の演目:義経千本桜あらすじ

  3. 仮名手本忠臣蔵

    歌舞伎の演目:仮名手本忠臣蔵のあらすじ

  4. 京鹿子娘道成寺

    歌舞伎の演目:娘道成寺のあらすじ

  5. 勧進帳

    歌舞伎の代表作:勧進帳(かんじんちょう)のあらすじ

  6. 演目

    歌舞伎・狂言(演目)の分類

おすすめ!ブックマーク

HTB料金を安くする裏技

和菓子を食べる

盆栽を楽しむ

  1. 職人技が光る香川県の伝統工芸品丸亀うちわ

    2021.07.04

  2. 料亭の和風おせち

    京都の老舗料亭おせち通販おすすめ

    2020.10.17

  3. お正月の祝い方

    一年の安泰を願うお正月の祝い方

    2020.10.07

  4. 歌舞伎入門

    歌舞伎初心者のための鑑賞マナー

    2020.05.15

  5. 馬刺し料理店・みの屋 口コミ

    馬刺し料理店・みの屋 口コミ

    2020.03.03

  1. 青森ねぶた祭り

    青森ねぶた祭り

    2019.08.12

  2. JTBで旅館・ホテル宿泊料金を無料にする裏技

    JTBで旅館・ホテル宿泊料金を無料にする裏技

    2019.08.12

  3. 梅園菓子舗・どら焼き

    大丸の仏事用和菓子通販~お盆、お彼岸、香典返しにおすすめ

    2018.12.24

  4. 標津羊羹本舗

    北海道の小豆を丹念に羊羹にミックスした標津羊羹本舗

    2018.12.23

  5. どこよりも詳しいパワースポットの楽しみ方

    2018.09.07




おみやげグランプリ受賞!